紫外線防止と抜け毛・薄毛に関係しているのか?季節と薄毛の関係

抜け毛や薄毛は、食生活の乱れや睡眠不足、運動不足など生活習慣が大きな原因になっていますが、それだけではなく季節も関係しています。

 

紫外線の季節

どんな原因であっても、抜け毛が起こる根本的な原因は頭皮環境の悪化毛根組織の発毛機能の低下です。

毛根組織というのは主に生活習慣に影響を受けやすいのですが、頭皮環境というのは外的な刺激も悪化の原因になります。

特に紫外線は、肌に多大な悪影響を及ぼすので、春から夏にかけて紫外線の強くなる季節は気を付けないと頭皮の環境が悪くなってしまいます。

紫外線にはA波とB波があり、A波は長い波長を持っているので、髪に当たるとキューティクルの内部まで浸透し、髪を構成しているタンパク質を流出されてしまいます。

そのため紫外線を浴びた髪というのは、傷みがひどく抜けやすい状態になります。

B波というのは、波長は短いもののエネルギー量が強いので、頭皮にダイレクトにダメージを与えます。

B波を浴びた頭皮は、熱によって炎症を起こしたり活性酸素が大量に生成されるので、毛根組織や毛母細胞が大きなダメージを受けてしまいます。

 

実は無防備な頭皮

頭皮は髪に守られているイメージがありますが、紫外線は髪を通過するため、顔の3倍もの量が当たってしまうので紫外線対策をしていないと、抜け毛や薄毛の原因になってしまうのです。

ただし、顔などと違い頭皮にまんべんなく日焼け止めを塗るのは難しいでしょう。

ですので頭皮の紫外線防止には、帽子をかぶったり日傘をさすなどして対策を行うようにしてください。

 

秋冬も気を抜かないで

また、春や夏だけではなく、秋から冬も抜け毛に気を付けなくてはいけません。

秋は夏のダメージが一番現れる季節なので、紫外線対策をしていないと頭皮環境がさらに悪化してその影響で抜け毛が増えます。

ここできちんとケアをしておかないと、冬の乾燥によってより一層髪の毛が抜けやすい状態になってしまいます。

ですので、秋から冬は頭皮の乾燥を改善するために、血行促進のマッサージをしたり、保湿効果があるヘアケアアイテムなどでしっかりケアをしましょう。

This entry was posted on 2015年5月22日. Bookmark the permalink.