アルコールや不摂生が抜け毛に繋がってしまうメカニズム

アルコールというのは、タバコのようにそれ自体が体に害を及ぼすというものではなく、アルコールの摂取量や摂取することで起こる不摂生によって抜け毛が引き起こされてしまいます。

 

肝臓を酷使する

まず量に関してですが、アルコールは肝臓で分解されるので、たくさん摂れば摂るほど肝臓を酷使することになります。

髪はあらゆる栄養を使って成長していきますが、実は、肝臓というのは髪の毛を作り出す成分を生成するという働きも持っています。

アルコールを大量に摂取してしまうと、肝臓はアルコールを分解する働きを優先して行うので、髪に必要な成分の生成ができなくなってしまいます。

また、アルコールを分解する機能というのは人によってその強度が異なり、体質によっては少量のアルコールでもなかなか分解出来ないことがあります。

こういった体質の場合だと、そんなにアルコールを飲まないのに肝臓に大きな負担をかけることになり、さらに髪を作る成分の生成が低下してしまい薄毛が引き起こされるのです。

肝機能の状態というのは、あまり体の表面に現れることがないため、弱っているのかいないのか判断しにくいでしょう。

ですが、毎日アルコールを飲んだり、たくさんお酒を飲む方で抜け毛が多いという場合は肝臓が弱っている可能性があるので注意した方がいいですね。

 

生活リズムの乱れ

そしてもう一つ、不摂生による抜け毛ですが、これは就寝時間や起床時間がバラバラという方に起こりやすいです。

髪の毛の成長やダメージの修復は、夜10時から夜中の2時ごろに分泌される成長ホルモンによって行われます。

もちろん他の栄養素も必要ですが、成長ホルモンはダイレクトに髪の成長に影響を与えます。

成長ホルモンが分泌されるには、きちんと寝ていなくてはいけませんし、リラックスした状態で部屋も真っ暗というのが一番理想的です。

それなのに、夜遅くまで起きていて朝寝坊をしたり、暇だからといって早く寝て浅い眠りしか出来ないという不摂生な生活習慣では、成長ホルモンの分泌量も低下します。

すると、髪は成長せずダメージもそのままになってしまい抜け毛が引き起こされるので、アルコールの大量摂取や二日酔いなどによる不摂生には気をつけましょう。

This entry was posted on 2015年4月24日. Bookmark the permalink.