過剰なダイエットが抜け毛・薄毛に繋がってしまう原因について

以前は、女性が薄毛になるとしたら加齢が一番の原因でしたが、最近は若い女性でも抜け毛が多く薄毛になる人が増えています。

その原因として考えられるのが過剰なダイエットです。

 

ダイエットでなぜ薄毛に?

若い女性の半数以上は何らかのダイエットをしていると言われていますが、多くの方が食事を抜くという体に負担をかけるダイエット法を実践してしまっています。

確かに食事を摂らなければカロリーを摂取しないので、短期間で手軽に痩せることができます。

ですが、食事には健康や美容、そして髪の成長に必要な栄養成分が含まれています。

それを摂らないとなれば、当然ですがその影響によってあらゆる部分に不調が生じますし、髪も成長を続けることができなくなり抜けてしまいます。

 

髪に栄養が届かなくなる

髪はケラチンというタンパク質からできているので、成長を続けるためにはタンパク質をケラチンに変性させなくてはいけませんし、そのためにはたくさんの栄養が必要になります。

その栄養が得られないのですから、いくら毛根組織が正常に働いていても髪は生成されません。

体は栄養素が不足したり摂取出来ないと感じると、防御機能というものが働くため、少しでも栄養が入ってきたら生命維持のために働く内臓器官に使います。

またいつ栄養が摂れるか分からないので、予備エネルギーとなる脂肪を蓄積しようとする働きも起こります。

生命維持という点で言うと、髪の毛はそれほど重要なものではないため、ほとんど栄養が補給されなくなってしまうのです。

 

老けて見える

そうなると、例えダイエットを終えたとしても体内機能はしばらく元に戻りませんから、結果的にずっと抜け毛が続いて薄毛になるのですね。

いくらほっそりとスレンダーな女性らしいボディラインになっても、頭髪が薄くなってしまったら綺麗でもなんでもありません。

逆に貧相で老けたイメージになってしまうでしょう。

もちろん太りすぎは体によくありませんが、過剰なダイエットというのは体や髪に悪影響しか与えないので、多少時間はかかるとしても適度な食事制限と運動で健康なダイエットを行ってください。

This entry was posted on 2015年4月17日. Bookmark the permalink.