薄毛を改善するオススメの食べ物や食材・成分について知っておこう

薄毛は、育毛剤やマッサージなどで改善することもできますが、食事から摂る栄養も大切です。

 

髪に不可欠な成分

髪や頭皮はタンパク質で出来ているので、タンパク質を摂ったりタンパク質を構成するアミノ酸を摂ることも必要です。

また、亜鉛は脱毛を引き起こす男性ホルモンの働きを抑えたり髪の生成に関与している成分ですし、ビタミンB群も髪を健康にして強くしてくれます。

もし血行不良などで頭皮が固くなっていることが薄毛の原因になっている場合は、カプサイシンなど血行を促進する成分も必要になります。

更年期やストレスなどで女性ホルモンが減少していたら、大豆イソフラボンを摂ることで擬似作用を得ることが出来るので、薄毛の改善につながります。

このように、薄毛の改善に効果的な成分はいろいろあるので、自分の抜け毛の状態や薄毛の原因に合わせて摂取していきましょう。

ただし、薄毛に良いとされる成分でも、それだけを摂るのはよくありません。

どんな栄養素にも言えることなのですが、その栄養素の効果を引き出すためには、他の栄養の働きが必要になるのです。

ですので、いろいろな食べ物や食材をバランスよく摂取することを心がけましょう。

 

髪を育てる食材

薄毛の改善に良い食材の基本は、タンパク質やカルシウムなどを含む牛乳や卵などの乳製品、大豆イソフラボンをたっぷり含む大豆納豆豆腐味噌などです。

緑黄色野菜海藻類などにはミネラルやビタミン、アジや鯖、いわしなどの青魚やマグロはビタミンB群やビタミンDが豊富なので、基本の食材をベースにいろいろ組み合わせてください。

さらに、ネギにんにくしょうがトウガラシなどを加えると、血行促進効果を得ることができます。

メニューの一例を挙げると、スタンダードですが豆腐とわかめの味噌汁と納豆ご飯などは、薄毛の改善に最も効果的な食事です。

他にも、いわしのチーズ焼き、納豆と野菜のオムレツ、アジのなめろう、いわしの豆腐ハンバーグなど意外とメニューは豊富なので、飽きることなく薄毛対策を続けられるでしょう。

This entry was posted on 2015年3月27日. Bookmark the permalink.