紫外線防止と抜け毛・薄毛に関係しているのか?季節と薄毛の関係

抜け毛や薄毛は、食生活の乱れや睡眠不足、運動不足など生活習慣が大きな原因になっていますが、それだけではなく季節も関係しています。

 

紫外線の季節

どんな原因であっても、抜け毛が起こる根本的な原因は頭皮環境の悪化毛根組織の発毛機能の低下です。

毛根組織というのは主に生活習慣に影響を受けやすいのですが、頭皮環境というのは外的な刺激も悪化の原因になります。

特に紫外線は、肌に多大な悪影響を及ぼすので、春から夏にかけて紫外線の強くなる季節は気を付けないと頭皮の環境が悪くなってしまいます。

紫外線にはA波とB波があり、A波は長い波長を持っているので、髪に当たるとキューティクルの内部まで浸透し、髪を構成しているタンパク質を流出されてしまいます。

そのため紫外線を浴びた髪というのは、傷みがひどく抜けやすい状態になります。

B波というのは、波長は短いもののエネルギー量が強いので、頭皮にダイレクトにダメージを与えます。

B波を浴びた頭皮は、熱によって炎症を起こしたり活性酸素が大量に生成されるので、毛根組織や毛母細胞が大きなダメージを受けてしまいます。

 

実は無防備な頭皮

頭皮は髪に守られているイメージがありますが、紫外線は髪を通過するため、顔の3倍もの量が当たってしまうので紫外線対策をしていないと、抜け毛や薄毛の原因になってしまうのです。

ただし、顔などと違い頭皮にまんべんなく日焼け止めを塗るのは難しいでしょう。

ですので頭皮の紫外線防止には、帽子をかぶったり日傘をさすなどして対策を行うようにしてください。

 

秋冬も気を抜かないで

また、春や夏だけではなく、秋から冬も抜け毛に気を付けなくてはいけません。

秋は夏のダメージが一番現れる季節なので、紫外線対策をしていないと頭皮環境がさらに悪化してその影響で抜け毛が増えます。

ここできちんとケアをしておかないと、冬の乾燥によってより一層髪の毛が抜けやすい状態になってしまいます。

ですので、秋から冬は頭皮の乾燥を改善するために、血行促進のマッサージをしたり、保湿効果があるヘアケアアイテムなどでしっかりケアをしましょう。

This entry was posted on 2015年5月22日.

かゆみやフケは薄毛に関係している?

薄毛の原因はいろいろなものが挙げられますが、頭皮環境の悪化というのも一つの大きな原因になります。

頭皮はいわば髪を育てる土台となるものですから、その状態が悪化していると毛根組織にまで影響を及ぼすので、健康な髪は育ちません。

ただ、頭皮は毛髪で覆われているので、どのような状態になっているかを把握することが難しく、そのため頭皮が乾燥していても気がつかないまま放置してしまうため、抜け毛が増えてしまって薄毛になるのですね。

ですが頭皮に起こる症状によっては、状態を知ることができます。

 

コンディションをつかむ

その症状というのがかゆみフケです。

かゆみやフケは、主に頭皮が乾燥することで引き起こされます。

肌が乾燥すると水分量が不足してしまうため、外部の刺激がダイレクトに肌に伝わります。

刺激を受けるとヒスタミンという物質が分泌されて、それがかゆみを知覚する知覚神経に作用するので肌がかゆくなります。

 

悪循環

また、末端神経に刺激が伝わると、神経伝達物質というのが神経ペプチドから放出されるのですが、これはヒスタミンを生成する肥満細胞を刺激します。

刺激を受けた肥満細胞は、さらにたくさんのヒスタミンを生成するため、乾燥状態を放っておくとかゆみがひどくなるという悪循環が生まれてしまうのです。

頭皮がかゆいとどうしても掻いてしまいますし、シャンプーの時などでもごしごしこすったりしてしまうでしょう。

すると頭皮が傷ついて、結果的に頭皮環境が悪化してしまうのです。

 

フケの原因

フケはターンオーバーの乱れで起こります。

ターンオーバーが正常に行われていれば、古い角質は定期的に剥がれ落ちて新しい健康な肌細胞と入れ替わります。

しかし、乾燥やストレス、血行不良などでターンオーバーが乱れると、この入れ替わりのペースが早まって未熟な肌細胞が角質となってしまいます。

角質がきちんと生成されないと、水分を保持することができなくなって血行が悪くなり、頭皮環境を悪化させることになります。

つまり、かゆみやフケは薄毛の原因となる頭皮環境の悪化の症状なので、これらの症状に気づいたらすぐに頭皮ケアを始めましょう。

This entry was posted on 2015年5月15日.

女性に良く見られる壮年性脱毛症とは?

脱毛症にはいろいろな種類がありますが、一般的に薄毛に悩む人のほとんどが壮年性脱毛症と言われていて、脱毛症になった人の9割近くにのぼります。

 

壮年性脱毛症とは

壮年性脱毛症とは、簡単に言ってしまうと遺伝や生活習慣などの要因によって引き起こされる脱毛症で、30代以降の男性に多い症状です。

この脱毛症の特徴は、全体や頭頂部などではなく、生え際から抜け毛が増え始めるということです。

生え際というのは、紫外線が当たりやすかったりブラッシングなどで直接ダメージを受けやすいので、遺伝や生活習慣の乱れなどの要因が重なると毛根組織の機能が低下しやすい部分になります。

 

気付くのが遅れやすい

そのため壮年性脱毛症になると、生え際から後退しはじめ薄毛が進行していくのですね。

壮年性脱毛症の厄介なところは、進行がとてもゆっくりというところです。

生え際は毎日目に入る部分なので、薄毛になるとすぐに気がつきそうなイメージがありますが、本当に少しずつ後退していくので意外に気がつかないのです。

そのため、かなり進行して明らかにおでこが広くなってから気がつく、ということになってしまうので対策が手遅れになることが多いのですね。

 

女性にも増えている

この脱毛症は、基本的には男性に多く見られるのですが、最近は女性にも増えてきています。

その理由として挙げられるのは、女性の社会進出です。

昔は、女性の結婚年齢も若く、専業主婦というスタイルが多かったのですが、社会進出とともに30代以降も結婚をせず男性のように働く女性が増えています。

また結婚をしても仕事を続ける方も増えているので、不規則な生活習慣やストレスなどによって壮年性脱毛症が引き起こされてしまいます。

女性の薄毛は全体が薄くなると思っているかもしれませんが、壮年性脱毛症になってしまうこともあるのです。

生え際の薄毛というのは全体的な薄毛よりもカバーしづらいところです。

女性だからといって油断せず、生活習慣が不規則にならないように、ストレスはできるだけ溜めないように生活をしていきましょう。

This entry was posted on 2015年5月8日.

女性はどこから薄くなる?女性に見られる薄毛の種類・パターン

薄毛と一口に言っても、原因によっていくつかの種類があり抜け毛のパターンも異なるので、どこから薄くなるかということも種類で変わってきます。

女性の薄毛の種類の中でも、もっとも多いのがびまん性脱毛症です。

 

全体的に薄く

これは、加齢はもちろんストレスや過剰なダイエット、パーマやカラーリングによるダメージなどが原因と言われています。

びまん性脱毛症の抜け毛のパターンは、どこか一部分から始まるというのではなく、全体的に薄くなっていきます。

抜け毛が起きている部分が特定出来ないため、初期段階では気がつきにくいというのが特徴とも言えます。

 

産後脱毛症でも

全体的に薄くなるというパターンの脱毛症は、産後脱毛症も挙げられます。

これは文字通り出産をした後に起こりやすい脱毛症で、主に女性ホルモンの分泌量の変化によって引き起こされます。

産後のホルモンバランスの変化はすべてのママに起こるので、この脱毛症もほとんどの方が体験します。

産後2ヶ月から3ヶ月あたりに急激に抜け毛の量が増えるのが特徴で、この脱毛症は比較的自覚しやすいと言えるでしょう。

このように、女性の薄毛は基本的にはどこから薄くなるというのではなく、髪全体が薄くなっていきます。

ただし例外もあり、脂漏性脱毛症の場合だと、皮脂の分泌量が多い生え際や頭頂部などから薄くなります。

 

脂漏性脱毛症の原因

脂漏性脱毛症は、皮脂の過剰分泌が原因となっているのですが、その要因となるのが頭皮の乾燥です。

乾燥すると、肌は内側から水分が蒸発したり外部から刺激を受けたりしないように、皮脂の分泌量を増やすため脂漏性脱毛症になってしまいます。

また過度のストレスや免疫機能が急激に低下すると、一部分の髪だけ大量に抜けてしまう円形になることもあります。

これは少しずつ薄くなるのではなく、突然一部分の髪が抜け落ちるのですぐに自覚することができるでしょう。

いずれにしても、薄毛対策をする場合には原因から改善していかなくてはいけないので、自分の薄毛の種類をきちんと把握しておく必要があります。

ですので多少わかりづらくても、抜け毛のパターンも覚えておいて、気が付いたらすぐに対処しましょう。

This entry was posted on 2015年5月1日.

アルコールや不摂生が抜け毛に繋がってしまうメカニズム

アルコールというのは、タバコのようにそれ自体が体に害を及ぼすというものではなく、アルコールの摂取量や摂取することで起こる不摂生によって抜け毛が引き起こされてしまいます。

 

肝臓を酷使する

まず量に関してですが、アルコールは肝臓で分解されるので、たくさん摂れば摂るほど肝臓を酷使することになります。

髪はあらゆる栄養を使って成長していきますが、実は、肝臓というのは髪の毛を作り出す成分を生成するという働きも持っています。

アルコールを大量に摂取してしまうと、肝臓はアルコールを分解する働きを優先して行うので、髪に必要な成分の生成ができなくなってしまいます。

また、アルコールを分解する機能というのは人によってその強度が異なり、体質によっては少量のアルコールでもなかなか分解出来ないことがあります。

こういった体質の場合だと、そんなにアルコールを飲まないのに肝臓に大きな負担をかけることになり、さらに髪を作る成分の生成が低下してしまい薄毛が引き起こされるのです。

肝機能の状態というのは、あまり体の表面に現れることがないため、弱っているのかいないのか判断しにくいでしょう。

ですが、毎日アルコールを飲んだり、たくさんお酒を飲む方で抜け毛が多いという場合は肝臓が弱っている可能性があるので注意した方がいいですね。

 

生活リズムの乱れ

そしてもう一つ、不摂生による抜け毛ですが、これは就寝時間や起床時間がバラバラという方に起こりやすいです。

髪の毛の成長やダメージの修復は、夜10時から夜中の2時ごろに分泌される成長ホルモンによって行われます。

もちろん他の栄養素も必要ですが、成長ホルモンはダイレクトに髪の成長に影響を与えます。

成長ホルモンが分泌されるには、きちんと寝ていなくてはいけませんし、リラックスした状態で部屋も真っ暗というのが一番理想的です。

それなのに、夜遅くまで起きていて朝寝坊をしたり、暇だからといって早く寝て浅い眠りしか出来ないという不摂生な生活習慣では、成長ホルモンの分泌量も低下します。

すると、髪は成長せずダメージもそのままになってしまい抜け毛が引き起こされるので、アルコールの大量摂取や二日酔いなどによる不摂生には気をつけましょう。

This entry was posted on 2015年4月24日.

過剰なダイエットが抜け毛・薄毛に繋がってしまう原因について

以前は、女性が薄毛になるとしたら加齢が一番の原因でしたが、最近は若い女性でも抜け毛が多く薄毛になる人が増えています。

その原因として考えられるのが過剰なダイエットです。

 

ダイエットでなぜ薄毛に?

若い女性の半数以上は何らかのダイエットをしていると言われていますが、多くの方が食事を抜くという体に負担をかけるダイエット法を実践してしまっています。

確かに食事を摂らなければカロリーを摂取しないので、短期間で手軽に痩せることができます。

ですが、食事には健康や美容、そして髪の成長に必要な栄養成分が含まれています。

それを摂らないとなれば、当然ですがその影響によってあらゆる部分に不調が生じますし、髪も成長を続けることができなくなり抜けてしまいます。

 

髪に栄養が届かなくなる

髪はケラチンというタンパク質からできているので、成長を続けるためにはタンパク質をケラチンに変性させなくてはいけませんし、そのためにはたくさんの栄養が必要になります。

その栄養が得られないのですから、いくら毛根組織が正常に働いていても髪は生成されません。

体は栄養素が不足したり摂取出来ないと感じると、防御機能というものが働くため、少しでも栄養が入ってきたら生命維持のために働く内臓器官に使います。

またいつ栄養が摂れるか分からないので、予備エネルギーとなる脂肪を蓄積しようとする働きも起こります。

生命維持という点で言うと、髪の毛はそれほど重要なものではないため、ほとんど栄養が補給されなくなってしまうのです。

 

老けて見える

そうなると、例えダイエットを終えたとしても体内機能はしばらく元に戻りませんから、結果的にずっと抜け毛が続いて薄毛になるのですね。

いくらほっそりとスレンダーな女性らしいボディラインになっても、頭髪が薄くなってしまったら綺麗でもなんでもありません。

逆に貧相で老けたイメージになってしまうでしょう。

もちろん太りすぎは体によくありませんが、過剰なダイエットというのは体や髪に悪影響しか与えないので、多少時間はかかるとしても適度な食事制限と運動で健康なダイエットを行ってください。

This entry was posted on 2015年4月17日.

出産後に起こる女性の薄毛・産後薄毛について

出産をしてから3ヶ月ほど経つと、程度の違いはあってもほとんどのママが抜け毛が多くなったと感じるようになります。

そして、そのうちの何割かは薄毛を体験します。

これは特に珍しいことではなく、出産をすることによって女性ホルモンの分泌量が急激に変化して起こる生理的な現象です。

 

出産後のママは

医学的には産後脱毛症分娩脱毛症と言いますが、脱毛症と言っても普通はずっとその状態が続くことはないので、あまり心配する必要はありません。

産後半年ぐらいまでは抜け毛が増えて薄毛になるものの、その後はゆっくりと回復して抜け毛が減り、1年ぐらいで元に戻っていきます。

産後薄毛になってしまうのは、女性ホルモンの影響によるものです。

女性ホルモンのエストロゲンは、髪の毛周期に関わる働きがあり、成長期を維持するという役割を持っています。

ですが、エストロゲンの分泌量が乱れてしまうと、正常に維持することができなくなってしまうため、毛周期が狂ってしまうのです。

 

毛周期が乱れる

髪の毛は一般的に3年から5年が成長期となっているのですが、毛周期が狂うと、本来なら成長を続けるはずの髪が退行期に移行して抜けてしまいます。

出産をすると、それまで妊娠状態を維持するためにたくさん分泌されていたエストロゲンやプロゲステロンの量が大幅に変わるので、妊娠中に安定した毛周期が狂い大量の抜け毛が引き起こされるのです。

もちろん、一般的には出産してしばらく経つと女性ホルモンの分泌量も正常化するので、抜け毛も徐々に減っていきます。

ですので産後に薄毛になってしまったとしても、神経質になる必要はないと言えるのですね。

ただし、すべての人が必ず元に戻るというわけではありません。

 

育児ストレスも溜まりやすい

新生児の育児というのは、夜でも2時間置きに授乳があるので睡眠が不規則になりますし、赤ちゃんの世話で自分の食事がおろそかになり栄養不足になります。

そのため、疲労やストレスが溜まって自律神経が乱れ、女性ホルモンのバランスが安定しないこともあるので、自分の体調管理もしっかり行いましょう。

This entry was posted on 2015年4月10日.

ストレスと抜け毛の関係性について

人間は過度のストレスを受けると、一晩で胃に穴が開いてしまうこともあります。

ストレスというのは精神的なものですが、体に対して大きな影響を与えるもので、特に弱っている部分にその症状が現れます。

 

頭皮もストレスを受ける

頭皮は頭を守っている一番重要な部分ですが、シャンプーやドライヤー、紫外線など生活の中のあらゆる刺激によって日々ダメージを受ける部分でもあります。

また、乾燥したり血行が悪くなったり、栄養が不足することでも弱まってしまいます。

そのためストレスが溜まっていると、頭皮の状態を急激に悪化させてしまうため抜け毛が引き起こされてしまうのです。

 

ストレスで抜け毛

ストレスによる抜け毛の中でも、もっとも有名なのが円形脱毛症です。

円形になる理由ははっきりしていませんが、ストレスのせいで免疫機能に異常が起き、そのせいで髪の成長がストップしてしまい頭髪の一部分が一気に抜けてしまうと言われています。

ですがこれだけではなく、例え規則正しい生活をしていても、ストレスによって血行不良が引き起こされて抜け毛が増えることもあります。

ストレスを感じると交感神経が活発になるのですが、この状態がずっと続くと血管の収縮が激しくなってしまいます。

そのせいで血液がスムーズに流れなくなり、頭皮全体が血行不良になることで、髪の成長に必要な栄養や酸素が行き届かなくなり髪が抜けてしまうのです。

そして、ストレスによって体のどこかに不調が起こると、それを回復したり修復したりするためにたくさんの栄養素が使われてしまいます。

ちなみに強いストレスを感じると、髪の育成に必要不可欠な亜鉛が大量に消費されます。

このようにストレスは髪の栄養も奪ってしまうので、あらゆる面から抜け毛を増やす要因となるのですね。

 

ストレスを溜めないで

ストレスによる抜け毛は一時的なものですが、ストレスを解消しないと慢性化してしまい深刻な薄毛となります。

やはりストレスは現代人と切り離せないので、カラオケや友達とのおしゃべり、ウインドウショッピングなど、自分にあった解消法を見つけて溜め込まないようにしましょう。

This entry was posted on 2015年4月3日.

薄毛を改善するオススメの食べ物や食材・成分について知っておこう

薄毛は、育毛剤やマッサージなどで改善することもできますが、食事から摂る栄養も大切です。

 

髪に不可欠な成分

髪や頭皮はタンパク質で出来ているので、タンパク質を摂ったりタンパク質を構成するアミノ酸を摂ることも必要です。

また、亜鉛は脱毛を引き起こす男性ホルモンの働きを抑えたり髪の生成に関与している成分ですし、ビタミンB群も髪を健康にして強くしてくれます。

もし血行不良などで頭皮が固くなっていることが薄毛の原因になっている場合は、カプサイシンなど血行を促進する成分も必要になります。

更年期やストレスなどで女性ホルモンが減少していたら、大豆イソフラボンを摂ることで擬似作用を得ることが出来るので、薄毛の改善につながります。

このように、薄毛の改善に効果的な成分はいろいろあるので、自分の抜け毛の状態や薄毛の原因に合わせて摂取していきましょう。

ただし、薄毛に良いとされる成分でも、それだけを摂るのはよくありません。

どんな栄養素にも言えることなのですが、その栄養素の効果を引き出すためには、他の栄養の働きが必要になるのです。

ですので、いろいろな食べ物や食材をバランスよく摂取することを心がけましょう。

 

髪を育てる食材

薄毛の改善に良い食材の基本は、タンパク質やカルシウムなどを含む牛乳や卵などの乳製品、大豆イソフラボンをたっぷり含む大豆納豆豆腐味噌などです。

緑黄色野菜海藻類などにはミネラルやビタミン、アジや鯖、いわしなどの青魚やマグロはビタミンB群やビタミンDが豊富なので、基本の食材をベースにいろいろ組み合わせてください。

さらに、ネギにんにくしょうがトウガラシなどを加えると、血行促進効果を得ることができます。

メニューの一例を挙げると、スタンダードですが豆腐とわかめの味噌汁と納豆ご飯などは、薄毛の改善に最も効果的な食事です。

他にも、いわしのチーズ焼き、納豆と野菜のオムレツ、アジのなめろう、いわしの豆腐ハンバーグなど意外とメニューは豊富なので、飽きることなく薄毛対策を続けられるでしょう。

This entry was posted on 2015年3月27日.

洗髪後の女性に良いヘアケアとやってはいけない事

髪の毛のダメージや頭皮の乾燥を防ぐには、洗髪後のヘアケアがとても重要になります。

どんなに丁寧に洗っても、トリートメントなどでケアをしても、洗髪後の髪の毛はとてもダメージを受けやすくなっているので、きちんとケアしましょう。

 

髪に優しいケア・テクニック

女性の髪は細くて柔らかい毛質なので水分が蒸発しやすいため、まずはすぐにタオルドライをして軽く乾かしましょう。

水分が付いたままになっていると、その水分が蒸発していくときに髪の内部の水分も持って行かれてしまうので、タオルドライが遅くなるほど髪がぱさついてしまいます。

タオルドライをしたら、内側の水分を守るために、洗髪後にも洗い流さないタイプのトリートメントやオイルでコーティングします。

洗髪後は、ドライヤーで髪を乾かしてから整髪料などで整えるというのが一般的ですが、これでは髪の内側がスカスカの状態のままになので傷みが進行してしまいます。

特にオイルは髪に必要な栄養を与えることが出来るので、洗髪をして栄養分が流れ出てしまった髪には効果的です。

オイルは、椿油やオリーブオイル、ココナッツオイル、アルガンオイルなどで、少量を取ったら毛先から上につけていきます。

ただし、頭皮についてしまうとべたつくので、頭皮にはつかないように注意しましょう。

またオイルの精度が低かったり、酸化してしまったりしていると頭皮トラブルが起こることもあるので、保管状態に気をつけてください。

 

髪を傷めるケア

そして、洗髪後にやってはいけないのが自然乾燥です。

よく自然乾燥が髪には良いといいますが、濡れた状態が長引くほど髪の水分は失われてしまいます。

それに髪を洗うことで乱れたキューティクルが開きっぱなしになってしまうので、艶もなくうねりなどの癖も出やすくなります。

また、梅雨や夏など高温多湿の季節だと、頭が蒸れてしまって雑菌が繁殖しやすい状態にもなるので自然乾燥は絶対にやめましょう。

洗髪後はすぐにタオルドライをして髪をコーティングし、ドライヤーでしっかりと乾かすのが、頭皮や髪を健康に保つヘアケアのポイントです。

This entry was posted on 2015年3月20日.