薄毛を改善するオススメの食べ物や食材・成分について知っておこう

薄毛は、育毛剤やマッサージなどで改善することもできますが、食事から摂る栄養も大切です。

 

髪に不可欠な成分

髪や頭皮はタンパク質で出来ているので、タンパク質を摂ったりタンパク質を構成するアミノ酸を摂ることも必要です。

また、亜鉛は脱毛を引き起こす男性ホルモンの働きを抑えたり髪の生成に関与している成分ですし、ビタミンB群も髪を健康にして強くしてくれます。

もし血行不良などで頭皮が固くなっていることが薄毛の原因になっている場合は、カプサイシンなど血行を促進する成分も必要になります。

更年期やストレスなどで女性ホルモンが減少していたら、大豆イソフラボンを摂ることで擬似作用を得ることが出来るので、薄毛の改善につながります。

このように、薄毛の改善に効果的な成分はいろいろあるので、自分の抜け毛の状態や薄毛の原因に合わせて摂取していきましょう。

ただし、薄毛に良いとされる成分でも、それだけを摂るのはよくありません。

どんな栄養素にも言えることなのですが、その栄養素の効果を引き出すためには、他の栄養の働きが必要になるのです。

ですので、いろいろな食べ物や食材をバランスよく摂取することを心がけましょう。

 

髪を育てる食材

薄毛の改善に良い食材の基本は、タンパク質やカルシウムなどを含む牛乳や卵などの乳製品、大豆イソフラボンをたっぷり含む大豆納豆豆腐味噌などです。

緑黄色野菜海藻類などにはミネラルやビタミン、アジや鯖、いわしなどの青魚やマグロはビタミンB群やビタミンDが豊富なので、基本の食材をベースにいろいろ組み合わせてください。

さらに、ネギにんにくしょうがトウガラシなどを加えると、血行促進効果を得ることができます。

メニューの一例を挙げると、スタンダードですが豆腐とわかめの味噌汁と納豆ご飯などは、薄毛の改善に最も効果的な食事です。

他にも、いわしのチーズ焼き、納豆と野菜のオムレツ、アジのなめろう、いわしの豆腐ハンバーグなど意外とメニューは豊富なので、飽きることなく薄毛対策を続けられるでしょう。

This entry was posted on 2015年3月27日.

洗髪後の女性に良いヘアケアとやってはいけない事

髪の毛のダメージや頭皮の乾燥を防ぐには、洗髪後のヘアケアがとても重要になります。

どんなに丁寧に洗っても、トリートメントなどでケアをしても、洗髪後の髪の毛はとてもダメージを受けやすくなっているので、きちんとケアしましょう。

 

髪に優しいケア・テクニック

女性の髪は細くて柔らかい毛質なので水分が蒸発しやすいため、まずはすぐにタオルドライをして軽く乾かしましょう。

水分が付いたままになっていると、その水分が蒸発していくときに髪の内部の水分も持って行かれてしまうので、タオルドライが遅くなるほど髪がぱさついてしまいます。

タオルドライをしたら、内側の水分を守るために、洗髪後にも洗い流さないタイプのトリートメントやオイルでコーティングします。

洗髪後は、ドライヤーで髪を乾かしてから整髪料などで整えるというのが一般的ですが、これでは髪の内側がスカスカの状態のままになので傷みが進行してしまいます。

特にオイルは髪に必要な栄養を与えることが出来るので、洗髪をして栄養分が流れ出てしまった髪には効果的です。

オイルは、椿油やオリーブオイル、ココナッツオイル、アルガンオイルなどで、少量を取ったら毛先から上につけていきます。

ただし、頭皮についてしまうとべたつくので、頭皮にはつかないように注意しましょう。

またオイルの精度が低かったり、酸化してしまったりしていると頭皮トラブルが起こることもあるので、保管状態に気をつけてください。

 

髪を傷めるケア

そして、洗髪後にやってはいけないのが自然乾燥です。

よく自然乾燥が髪には良いといいますが、濡れた状態が長引くほど髪の水分は失われてしまいます。

それに髪を洗うことで乱れたキューティクルが開きっぱなしになってしまうので、艶もなくうねりなどの癖も出やすくなります。

また、梅雨や夏など高温多湿の季節だと、頭が蒸れてしまって雑菌が繁殖しやすい状態にもなるので自然乾燥は絶対にやめましょう。

洗髪後はすぐにタオルドライをして髪をコーティングし、ドライヤーでしっかりと乾かすのが、頭皮や髪を健康に保つヘアケアのポイントです。

This entry was posted on 2015年3月20日.

女性向けのシャンプーをする時にヘアケア対策

シャンプーというのは、もちろん髪や頭皮の汚れを落とすというのが目的ですが、頭皮クレンジングという一手間を加えると、頭皮環境を改善したり艶やかな髪に仕上げることも可能です。

 

頭皮のケア

シャンプーで汚れをしっかり落とすことはヘアケアには欠かせませんが、ちょっとしたプラスαでさらに効果的なヘアケア対策ができるので、ぜひ実践してみてください。

そのプラスαというのは頭皮クレンジングです。

シャンプーでも頭皮の汚れを落とすことはできますが、頭皮には皮脂や古い角質だけではなく、スタイリング剤や洗浄成分など残っている場合もあります。

こういった汚れは時間が経つほど落としづらくなり、頭皮にこびりついてしまうため、何回シャンプーをしてもそれだけではなかなか落とせません。

そのため頭皮が固くなって血行が悪くなったり、毛穴の詰まりを引き起こして健康な髪の成長を妨げ、結果抜け毛が増えたり薄毛が進行したりしてしまうので、ヘアケアのためには頭皮クレンジングをする必要があるのですね。

 

簡単にできます

頭皮クレンジングというと、ヘアサロンなどで行うスペシャルケアと言うイメージがありますが、自分でも簡単にできます。

専用のクレンジングを使わなくても、メイク落とし用のクレンジングでできるので試してみましょう。

1. 髪が乾いた状態で、ヘアブラシを使って頭皮の汚れを浮かせるようにブラッシングします。

2. オイルを手のひらに500円玉ぐらいの量を取り、つむじから分け目に沿ってつけて、そこから頭皮に広げていきます。

3. 頭皮全体にオイルを行き渡らせたら、指の腹を使ってしっかりと揉みほぐす様に、髪をかき分けて地肌をマッサージしていきましょう。

4. まんべんなくマッサージしたら、最後はお湯で洗い流してください。

一般的にシャンプーは洗浄力が強いのですが、女性向けのシャンプーは頭皮に優しいものが多いので、どうしても汚れを落としきれません。

頭皮クレンジングは週に1回でもいいので、毛穴に詰まった汚れまでスッキリ落とすことが効果的なヘアケア対策となるのです。

This entry was posted on 2015年3月13日.

更年期障害と女性の薄毛によくある症状と対策

閉経を迎える前後5年の間の時期を更年期と言いますが、この時期は閉経に伴い女性ホルモンのバランスが急激に乱れるため、体にはさまざまな症状が現れます。

症状は人によって違いますが、スタンダードなものとしてはのぼせやめまい、肩こりはうつなどがあり、その一つに抜け毛や薄毛という症状もあります。

 

薄毛との関係

更年期になるということは、女性の体が子供を産む必要がなくなるということなので、妊娠に必要な女性ホルモンの分泌量が大幅に減少します。

女性ホルモンにはエストロゲンというホルモンがありますが、これは髪の毛を成長させて、それを維持するという働きを持っています。

このエストロゲンの分泌量が減少すると、髪の成長が衰えてしまって細くなったり、成長期を継続させることができなくなり、休止期が長引くという状態になります。

そのため髪の量全体が減少してしまうので、更年期障害によって薄毛になるときは、全体的に薄くなるという症状が出てきます。

 

女性特有の薄毛

この状態の薄毛はびまん性脱毛症や女性ホルモンが関係しているので女性型脱毛症と呼ばれます。

女性ホルモンによるものですから、基本的には女性特有の脱毛症で、男性の脱毛の症状とはまったく異なるのが特徴とも言えます。

更年期になって女性ホルモンの分泌量が減少するのは、自分でどうすることもできません。

ですが、女性ホルモンと同じような働きを持っている成分を摂ることで、更年期障害による薄毛の進行を遅らせたり、改善していくことは可能です。

 

心がけること

具体的な対策としては、エストロゲンと同じ働きをすると言われている大豆イソフラボンを積極的に摂取するというのがいいでしょう。

大豆イソフラボンというのは、名前から分かる通り大豆製品に豊富に含まれています。

豆腐や味噌、納豆、豆乳、おからなどには大豆イソフラボンがたっぷり含まれていますし、これらの食材は日本人に馴染み深いので、毎日の食事に取り入れるのも難しくありません。

また、大豆イソフラボンを摂ると同時に、働きの衰えた毛根組織に栄養を与えられるように、頭皮マッサージを習慣にすることも更年期障害による薄毛対策になります。

This entry was posted on 2015年3月13日.

女性ホルモンと薄毛の関係性について

女性ホルモンというのは、実は薄毛と密接な関係を持っています。

ホルモンがなぜ髪の毛に関わるのか不思議かもしれませんが、女性ホルモンの一種であるエストロゲンには髪を成長させるという役割を持っています。

それなら抜け毛は増えないのでは、と思う方もいるでしょう。

ですが、何らかの要因でエストロゲンの分泌量が過剰になって、ずっと優位になったまま働き続けてしまうと、髪の成長サイクルを狂わせてしまうのです。

 

成長サイクル

髪というのは、成長期が3年から5年続き、その後毛根組織の働きが少しずつ低下する退行期になり、完全に働かなくなって成長が止まる休止期というサイクルによって生え変わっています。

このサイクルが守られていれば、成長期と退行期や休止期の髪の毛の割合が大きく変わることはありません。

ヘアサイクルは女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンが交互にバランス良く働くことで正常に保たれるのですが、どちらかが優位に立つとバランスが崩れます。

そして、エストロゲンがずっと働いてしまうと、成長期の期間がどんどん短くなってしまい、結果的に成長の途中でも髪が抜けてしまうのです。

 

バランスが乱れる原因

女性ホルモンのバランスが乱れるのは、一般的には月経や妊娠、出産や授乳期、更年期に多いと言われていますが、こういった時期だけに限ったことではありません。

ストレス睡眠不足疲労などでも女性ホルモンの分泌に影響が与えられています。

特に、仕事を持っていたり、家事や育児を一人でこなす女性は、リラックス出来ないので自律神経が乱れやすくなっています。

自律神経はホルモンの分泌量をコントロールしているので、これが乱れることも女性ホルモンを通して間接的に女性の薄毛に関与していることになりますね。

またホルモンバランスが崩れると、皮脂の分泌が過剰になることもありますし、ターンオーバーも乱れて頭皮に古い角質が残ったままになるなど頭皮環境も悪化します。

いずれにしても、女性ホルモンの分泌量が狂ってしまうと薄毛が引き起こされるリスクが高まるので、女性は食生活や頭皮の状態だけではなく女性ホルモンからの影響にも気をつける必要があるということです。

This entry was posted on 2015年3月13日.

女性の薄毛は主にいつくらいから抜け毛が多くなる?

いつぐらいから髪が薄くなるのかが分かれば、その年齢になったときに気をつければいいので、対策もスムーズに行うことができますね。

 

多くなる年齢

加齢が原因となっている場合だと、女性の毛根組織が衰え始めるのは40代に入ったあたりからで、毛周期によって大体50代ごろから抜け毛が多くなると言われています。

ただしこれはあくまでも加齢によるものであって、他に原因がある場合には50代になる前から抜け毛が多くなるので注意が必要です。

 

多くなる季節

動物でもシーズンによって毛が生え変わるように、人間の頭髪も季節によって抜け毛が増えることがあります。

特に高温多湿で蒸れやすい、梅雨から夏にかけては抜け毛が多くなります。

 

周期的なもの

それに髪には毛周期というものがあり、成長期の髪の毛は抜けませんが、退行期に入った髪は毛根組織の成長がストップするので、シャンプーをしたりブラッシングをしたりするときに抜けていきます。

寝ている間にも抜けるのが当たり前なので、髪が自然に抜けてしまったからといって焦る必要はありません。

ただし、このように自然に抜けるのは、1日100本程度が平均本数になるので、それ以上抜けているとしたら年齢に関わらず薄毛のリスクが高まっているということです。

抜けた毛を数えるのは大変なので、100本以上なのか以下なのかを判断するのも難しいですが、今まで気にならない程度だったのに、明らかに抜ける量が増えたら成長期の髪も抜けていると考えていいでしょう。

 

注意すべきは

一時的に抜け毛が多くなっても、しばらくしたら目立たなくなったというのであれば、季節や体調などが関係しているだけなので心配ないでしょう。

ですが多くなったまま、それがずっと続いているというのであれば例え50代になってなくても、薄毛が始まっているのかもしれません。

薄毛はとにかく早く対処することが大事なので、まずは毛質をチェックしてみましょう。

毛が細い、毛が切れている、毛根の形が歪んでいる、毛根に皮脂汚れがついているなどの状態は、成長するはずの毛が抜けているということなので、何歳であっても薄毛対策を始めてください。

This entry was posted on 2015年3月13日.

男性とは違う女性の薄毛の特徴について

一昔前までは、薄毛というと男性特有の症状であり、育毛剤なども男性専用のものばかりでしたが、ここ数年で女性でも薄毛に悩む人がぐんと増えました。

薄毛の原因はいろいろですが、基本的に年齢を重ねると毛根組織の働きが衰えるため、男性であれ女性であれ若い頃より髪が薄くなるのは当然のことです。

それなのに、女性の薄毛がクローズアップされるようになったのは、単なる加齢だけではなく生活習慣などに起因する原因が増えたということがあるでしょう。

 

最近の傾向

昔は食事でも睡眠でもある程度は規則正しかったですし、公共交通機関や車などの利用も限られていましたが、今は食事も睡眠も不規則になることが多く体を動かす機会も少なくなっています。

他にも、女性の社会進出や人間関係の複雑さなど生活環境が大きく変わっていることも、女性の薄毛が増えた原因となっています。

つまり男性と女性は薄毛になる原因が異なるので、症状にも違いがあります。

男性の場合は、男性ホルモンの影響によって、生え際から薄くなるM字型ハゲや頭頂部だけ薄くなるO字型ハゲなどが多いですが、女性の薄毛は男性ホルモンの関与はほとんどありません。

 

女性の薄毛の原因

多くの場合、生活習慣ストレスホルモンバランスの崩れが原因となっているので、薄毛の症状も髪の毛全体が薄くなるという特徴があります。

女性の薄毛は一部分だけではなく、全体が均等に薄くなっていくため気がつきづらく、そのせいで気づいたら髪の量が全体的に少なくなっていたということになるのですね。

もちろんこれは女性に限った症状ではありませんが、それでも確実に男性よりも女性の方が全体的に薄くなる症状が多いです。

 

対策は

この薄毛はびまん性脱毛症というもので、基本的には一度なってしまったら根本から治すことは難しいと言われています。

ですが、原因によってはそれを改善したり、栄養成分を摂ることによって症状を緩和したりすることもできるので、薄毛になったからといって諦める必要はありません。

逆にそのまま何もしないと、さらに薄毛が進行してしまうことになりますから、薄毛に気がついたらすぐに対策を行って改善していきましょう。